創業60余年、神奈川県大和市大和駅徒歩1分の不動産会社、信頼と実績の「株式会社まつもと」でございます。賃貸物件、売買物件、店舗・事務所物件から資産運用まで、不動産のことならなんでもお気軽にご相談ください!

すべては「信頼」から始まります

まつもと不動産のミッションは、なにをおいても「地域の皆様に安心をお届けする」こと。
そのため、不動産や相続にまつわる皆様の困りごと、お悩みを解決するサポート活動に
積極的に取り組んでいます。

創業者の軌跡が現在の礎

株式会社まつもとは創業以来、65年にわたって神奈川県大和市を営業拠点として不動産事業を営んでいます。当社を立ち上げた先代はこの地で社会活動を行われる皆様のご支援をいただきながら、半世紀にわたって「地域社会に支持され、信頼される企業」という経営理念のもと当市の発展への貢献を果たしてきました。

もともと三崎の呉服屋店員として働いていた先代は、類いまれな商才の持ち主でした。自宅の玄関前で独自に仕入れた呉服を販売したり、横須賀ではアメリカの情報をいち早く取り入れた縫製業を営んだり。そして大和に移り住んだ後は、保険業や飲食業などとともに現在の不動産業を始めたのです。

私が2代目の代表取締役に就任した2009年、前職での教訓を活かして「お客様が最大利益を取得すること」を企業ミッションとして掲げました。現在もそれを最上位の概念としてとらえ、先代が築いてきた地域密着のビジネスモデルを継承しながら、お客様の不安要素を取り除き安心を届けることにプライオリティを置いた事業を推進しています。

地域社会に愛され、信頼される企業へ

現在、(株)まつもとの売上げは「分譲事業」が大きな割合を占めています。しかし、経営理念的に全事業の最上位を占めているのは、お客様からのご相談ごとを解決するサポート業務(コンサルティング事業)。資産運用、不動産活用、相続税、遺言など、お客様がお困りになっていたり、悩みの種になっていることに耳を傾け、実践可能なアドバイスを行っています。

この業務に関する費用は、一切いただいていません。他の事業の入口になることも無料で行う理由のひとつですが、何よりも「地域にお住まいになるお客様の力になりたい」という願いが強いからです。いろいろ調査した結果がお客様のためになり、そこか「信頼の絆」が深まる。これこそ、「まつもと」というブランドの向上と深化に強くつながっていくサイクルだと自負しています。

  • 相続前に準備しておくべきことは?
  • うっかり開封してしまった遺言書の効力は?
  • 兄弟姉妹間の遺産分割で生じるトラブルを避けたい
  • 遺産分割をしたいが、母が認知症にかかっている

ブログ新着情報

  • 遺言 2021/02/28

    遺言書を見つけたら

    勝手に開封したら、罰金を取られることも 遺言書を見つけたら、まず封印のままの状態で保管。その後、他の法定相続人に連絡しましょう。自筆証書遺言書の場合は勝手に開封せず、家庭裁判所に提出して「検認」を請求…

  • 遺言 2021/02/27

    遺言書とは

    遺言書は「遺書」ではありません 死後に残る自分の財産を「誰に何を相続させる」ことを明記する法律上の文書が遺言書です。テレビドラマなどでよく出てくる「遺書」とは違いますので、ご注意ください。

  • 相続前 2021/02/26

    遺産相続手続きの全体スケジュール

    公平でスムーズな相続を実現する4つの準備 相続手続きのなかには、期限が設けられているものがあります。必要な項目の期限は、しっかり把握しておきましょう。 死亡届の提出(7日以内)  ↓ 遺言書の確認  …

  • 相続前 2021/02/25

    円滑な相続を行うには

    公平でスムーズな相続を実現する4つの準備 被相続人が元気なうちに「家族会議」を行い、「相続する人」「相続するもの」「どうやって相続するか」をはっきりさせることが、トラブルを避ける最善の方法です。

  • 遺言 2021/01/22

    遺言書の在処

    遺言書の保管場所は、種類によって異なります 自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言… 遺言書を大きく分類すると、この3タイプになります。保管は、概ね次のようなところが考えられます。

  • 相続人と相続分 2021/01/21

    相続人はだれ?

    ケース② 配偶者がいない だれが自分の相続人? だれが他の相続人? 被相続人に配偶者がいないときは、周囲の状況によって相続人も変わります。これを整理できれば、スムーズな相続を行うこと…