創業60余年、神奈川県大和市大和駅徒歩1分の不動産会社、信頼と実績の「株式会社まつもと」でございます。賃貸物件、売買物件、店舗・事務所物件から資産運用まで、不動産のことならなんでもお気軽にご相談ください!

相続人と相続分 

ひとりの相続人の相続分が差し押さえになった

ひとりの相続人の相続分が差し押さえになった

ひとりの相続人の相続分が差し押さえになった

父親が不動産と預金を残して亡くなり、子ども3人が相続人になっています。遺産分割協議を行おうと思っていた矢先、借金を抱える次男の財産分が債権者(金融業者)に差し押さえられてしまいました。借金の返済義務がない兄と私にとっては、正直、迷惑な話です。どのような方法で対処すれば得策でしょうか?

相続トラブルに役立つ知識

債権者から遺産を守るために有効的な対処法は、「相続放棄」です。遺産分割の協議を行う前に「借金のある相続人が遺産相続を放棄する」ことで遺産の差し押さえは回避できます。つまり、借金を抱えた相続人は遺産分割の協議に加わらなければいいわけです。そして、借金のある相続人以外で遺産分割の協議を行って、遺産の分配を決定します。そうすることで債権者が被相続人の遺産に対して手出しすることは不可能となるのです。

(1)差し押さえを回避するための注意点

  1. 借金を抱えている相続人は遺産分割協議に参加させない
    借金を抱えている相続人を遺産分割の協議に参加させると、「遺産を相続する意思がある」と判断され、相続人として認められてしまう恐れがあります。差し押さえを回避したいのであれば、相続人を候補者から外すことが先決です。
  2. 借金を抱えている相続人は正式な相続放棄を
    口頭で「相続を放棄する」と言うだけでは、法的には認められません。法的処置にもとづいて相続放棄の手続きをしなければ、相続放棄が正式に認められないので、早い段階で対処することが大切です。
  3. 遺産分割の協議、相続放棄は速やかに
    遺産分割の協議は速やかに行いましょう。借金を抱えている人は債権者が動き出す前に相続放棄の手続きを行い、その他の相続人については1日でも早く遺産分割協議で財産分配を決定します。つまり、債権者(お金を貸した側)が動き出す前に遺産相続を完了させることが、差し押さえ回避の秘策となります。
  4. 遺産分割後の処理は早い段階で完了させる
    借金を抱えている相続人は相続放棄の手続きを行い、他の相続人が被相続人の財産を分配した後は、速やかに「相続登記」を行いましょう。相続登記とは相続した財産を相続人の名義に変えることです。不動産であれば被相続人の名義から相続人の名義へと移し替え、所有権を相続人に移行するよう手続きしなければ正式な遺産相続とはいえないからです。相続人の所有物として認められた財産については誰も手出しはできません。

(2)被相続人の遺産を守るために

適切な処置と対処法を心得ておけば、大きなトラブルを回避して被相続人の遺産を守ることができます。その一例として相続人のなかに借金を抱えている相続人がいる場合には、速やかに対処することが重要なポイントとなります。 遺産分割の協議、相続後の処理など、早い段階での対応を速やかに行うことで、大切な遺産を守ることが可能となります。「借金を抱えている相続人の相続放棄」「計画性を伴った遺産分割の協議」「遺産分割後の処理」は遺産相続において重要なポイントですから、意識しておくといいですね。