創業60余年、神奈川県大和市大和駅徒歩1分の不動産会社、信頼と実績の「株式会社まつもと」でございます。賃貸物件、売買物件、店舗・事務所物件から資産運用まで、不動産のことならなんでもお気軽にご相談ください!

遺産分割 

借地権の相続で地主とトラブルを避けるポイントは?

借地権の相続で地主とトラブルを避けるポイントは?

借地権の相続で地主とトラブルを避けるポイントは?

子どもたちへの相続を考える歳になりました。いろいろ考えるべきことはありますが、特に借地権の相続のことが気になります。長男は私が亡くなる前に、まず同居することを申し出てくれていますが、長年の付き合いのある地主とはトラブルを起こしたくありません。スムーズに相続できるよう、押さえておくべきポイントはあるでしょうか?

相続トラブルに役立つ知識

借地権を相続する際、さまざまな理由から建物の名義を変更しなくてはいけない場合があります。そして、そういったときに限って、地主とトラブルになることも多いのが事実です。

子ども名義で借地に建物を新築するのは避ける

ご相談者のご夫婦とお子さんが同居することになり、建て替え資金をお子さんが調達しようと思ったとき、地主さんから「借地名義人と建物の名義人が違うなら建物の新築は認めない」と承諾してくれないかもしれません。

その場合、地主さんの承諾を得ず無断で子ども名義の建物を新築することは絶対にNGです。もし強行した場合、土地賃貸借契約書の「無断転貸禁止条項」による債務不履行を理由に、契約解除の申立てを地主からされる可能性が高まります。

このケースでは、まずは子ども名義人の新たな土地賃貸借契約を結んでもらうようお願いした上で、親子の共有名義として建物を新築する旨の承諾を得るのが無難です。